草間動物病院

松本市埋橋2-7-11(地図はこちら)  TEL:0263-33-2875

診療時間:平日9:00~12:00/15:00~19:00 日・祭日:9:00~14:00 水曜休診

草間動物病院 HOME
草間動物病院

ごあいさつ

当院では「動物も飼い主の方も幸せになれる事」をスローガンに思いやりのある医療を心がけて診療を行っています。

そのために十分な説明と同意にもとづく医療を、またCT・MRIなど高度医療診断が必要な場合や、専門的な手術が必要な場合、 大学病院などへの紹介も積極的に行っています。

また、入院による治療は最低限とし、外来による治療を多くすることにより、入院によるストレスを減らす診療をこころがけています。

インフォメーション

病院からのお願いです

新型コロナウイルス感染症の対策として
受付を済ませて頂いたあと、
車でお待ちいただいております。
診察の順番になりましたらスタッフがお呼びします。
ご理解とご協力をよろしくお願いします。

今回はねこさんの心筋症についてお話します。(新型コロナウイルス感染症については 新しい話題があればなるべく早くお伝えします。)

心臓は血液を送るポンプのような働きをしていて、ほとんどが筋肉でできています。 心臓の筋肉にいろいろな異常がおきると心筋症をおこすことがあります。 心筋が厚くなって心臓の中が狭くなって、血液が戻りにくくなったり送りにくくなる肥大型心筋症。 心筋が硬くなって血液が送りにくくなる拘束型心筋症。心筋が伸びきったゴム風船のようになって 血液が送りにくくなる拡張型心筋症などがあります。

肥大型心筋症は甲状腺機能亢進症や高血圧がもともとの原因だったり、 メインクーンが遺伝的におきやすいという報告があります。拘束型心筋症は原因がはっきりしていません。 拡張型心筋症はタウリンが不足するとおきやすいと言われていますが 現在食べられているキャットフードはタウリンが必要量で添加されているので、手作りのエサや ドッグフードを食べていることなどがなければ心配ありません。

これらの心筋症になると肺や胸の中に水がたまって呼吸困難になったり、心臓の中で 血液がスムーズに送られないことで血栓ができ、足の血管をふさいでしまい 急激な痛みや麻痺がおきるなどの症状がでます。これらの症状は救急の治療や処置が必要で、 命の問題となることが多くみられます。

心筋症は症状がでる前に見つけることが大切です。しかし症状がでる前に心筋症を疑う初見がほとんどなく、 他の病気を疑って行ったエコーやレントゲンで偶然みつかることがほとんどです。 早期発見が難しい病気ですが症状がでてからでは助けることができないこともある病気ですので、 私たち獣医師はねこさんの他のいろいろな病気を診察する時にいつでも「心筋症は大丈夫か」という事を 頭の隅で考えている必要があります。心筋症の初期には、食欲がなかったり今までより動かないなどの 症状ががでる場合もありますのでいつもと何か違うと思われことがあれば相談してください。

過去のインフォメーションはこちら →

診察日カレンダー


Copyright(C)KusamaAnimalHospital,All rights reserved.